愛猫の毛や遺骨を思い出に

亡くなった愛猫との記念になるメモリアル品

ペットのメモリアル品は、猫がいなくなっても身近に愛猫の存在を感じることができます。

特に、身につけやすいペンダントやブレスレットであれば、外出先でも愛猫が側にいる感覚を実感することが可能になります。

猫の遺骨を筒状のカプセルに入れるペンダントは、素材がステンレスでできているのでおしゃれとして身につけれます。

また、カプセルの色を自分で選べるので、愛猫に近い色合いのカプセルを選ぶのがお勧めされます。

一方、遺骨のブレスレットは遺骨を入れるカプセルだけでなく、パワーストーンで作られたブレスレットを身につけれます。

なので、自分好みのパワーストーンと一緒にブレスレットを身につけるのもお勧めです。

他にも、ペットのメモリアル品には合成ダイヤモンドがあり、猫の遺骨だけでなく毛から炭素を抽出することでアクセサリーとして身につけることも可能です。

遺骨のダイヤモンドは、ペンダントやブレスレットより値段が張りますが、愛猫との思い出を忘れたくない場合に重宝します。

なぜなら、値段が高くても愛猫への思いが強い人であれば、愛猫が亡くなっても記念作りに貢献してくれるからです。

つまり、猫のメモリアル品は愛猫が亡くなった場合でも、身近に愛猫の存在を感じることができるだけでなく愛猫との記念を作ることもできます。

猫の毛や遺骨によるメモリアル品

愛猫が亡くなった際に気持ちを落とすだけでなく、愛猫のメモリアル品を作成することで気持ちを和らげることができます。

なぜなら、猫の毛や遺骨をメモリアル品に活用することで、身につけることで身近に愛猫の存在を感じることができるからです。

そのため、愛猫の毛を使って毛でストラップを作成することで、自分だけのストラップを作成できます。

また、毛のストラップは普段猫を触れる機会が多かった人ほどお勧めになります。

理由は、愛猫が亡くなっても毛に触れることを知ることで、愛猫の毛に触れて身近に感じられるからです。

さらに、毛のストラップに触れれば気持ちを安らげることもできるので、ストラップを作成した場合は極力汚さないように心掛けるのがポイントになります。

また、ペットのメモリアル品には遺骨をペンダントやブレスレットに使うのでなく、自宅に遺骨を持ち帰ることもできます。

そのため、ペット用の骨壺を作成することで、自宅に愛猫が側にいる感覚を忘れなくなります。

さらに、骨壺のデザインは豊富なので、自分好みのデザインを選ぶのがお勧めです。

そして、自宅に愛猫の遺骨を持ち帰って供養する場合は、ペット用の仏具や仏壇が適しています。

ペット用の仏具や仏壇はコンパクトな上に、ろうそく立てや香皿がセットで販売されていることが多いです。

猫の毛や遺骨をメモリアル品に使うことは、愛猫が亡くなっても存在を忘れないように思い出として残せます。

Copyright(C)2017 お見送りした愛猫との思い出を形にしてくれるメモリアル品 All Rights Reserved.