愛猫をいつも感じていたいあなたに

猫の遺骨がダイヤモンドとして生まれ変わる

愛猫が亡くなっても、遺骨を使ってダイヤモンドとして生まれ変わらせることができます。

また、遺骨だけでなく毛も使うことで、自分だけのペンダントやストラップを作成できるので、身につけることで愛猫の存在を身近に感じることで記念として残せます。

ちなみに、ペットのメモリアル品としてダイヤモンドを作成する際は、愛猫の遺骨から炭素を抽出して圧縮製法によって作成されます。

合成のダイヤモンドになりますが、天然のダイヤモンドと比較すると不純物が入っていないだけになります。

そのため、合成のダイヤモンドであっても輝きを放っているので、愛猫が亡くなっても輝きを放つ存在だと実感することが可能になります。

また、愛猫の遺骨を全て使って合成のダイヤモンドを作成するので、供養する必要がないので墓が必要なくなります。

選択方法として、ペットだけでなくペットと飼い主というように自分に合った選び方によって、遺骨のダイヤモンドを作成できます。

愛猫の遺骨でダイヤモンドを作成する場合は、費用として1番小さいサイズで約50万円必要となります。

1カラットサイズであれば200万円以上になりますが、天然のダイヤモンドを目にする機会は少ないので、200万円は高い買い物と認識されにくいです。

合成のダイヤモンドとして生まれ変わる愛猫の遺骨は、天然のダイヤモンドを目にする機会が少ない人でもダイヤモンドを作成できる機会になります。

猫のメモリアル品を作成する理由

愛猫が亡くなっても思い出を忘れないようにしつつ、新たに思い出を作るために猫のメモリアル品を作成するのがお勧めとなります。

なぜなら、メモリアル品を作成することで愛猫が元気だった姿を形として残せるからです。

また、愛猫のメモリアル品を作成すれば身近に愛猫の存在を感じつつ、愛猫の存在を忘れないようになります。

生前の思い出と共に遺骨を自宅に持ち帰ることで、自宅で手元供養できるメモリアル品は、家族の一員である愛猫の存在を語り継ぐポイントにもなります。

その影響により、ペットが亡くなっても一緒にいたいと思う気持ちの人が増えています。

そのため、ペットの遺骨や毛を使ってブレスレットやストラップを作成したり、ペットの葬儀のサービスが提供されています。

さらに、自宅で愛猫を供養するために愛猫用に仏壇や骨壺を作成することで、愛猫が側にいなくても気持ちに安らぎを与えることが可能となります。

よって、愛猫のメモリアル品はペット霊園へ納骨するまでの間だけでなく、亡くなった際にペットと一緒の墓に入りたい人にお勧めになります。

愛猫が亡くなる前の思い出を形として残せるメモリアル品は、作成する理由として愛猫が亡くなっても新たに記念として残すためです。

Copyright(C)2017 お見送りした愛猫との思い出を形にしてくれるメモリアル品 All Rights Reserved.